エロゲーの体験版を体験してみた 筆柿そふと

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「催眠学園3年生」の体験版をプレイしました

催眠学園3年生





●メーカー:筆柿そふと

●発売予定日:2017年3月31日

●シナリオ:NATORI烏賊

●原画:大崎シンヤ

●キャラ:(声優)
氷上 雪乃(CV:手塚りょうこ)
三原 かおる(CV:一色ヒカル)
城崎 琴美(CV:佐倉もも花)
加古 綾香(CV:南波奈々子)




催眠モノのエロゲーをガンガン制作している筆柿そふとから

先月下旬に催眠学園2年生という作品が発売されましたが

今回僕はあえてそれより半年前にリリースされた

「催眠学園3年生」の体験版をプレイします。


あらすじは

主人公はモテない変態野郎です。

変質的な趣味は夜中のゴミ漁りやストーカーなど

このメーカーさんに共通の救いようがない変態サンだということ。


いつものようにゴミ漁りに精を出しているとなにやら玩具の銃のような

ものを見つけてしまって、いじくりまわしていたらそれがなんと

催眠導入を促す機械だとわかりました。

そうなると普段一切冴えない主人公の頭脳は急激にフル回転して

とあるお嬢様学校の教育実習生として活躍することに!?

当然教育実習などするわけもなく、目前の美女たちを肉欲のはけ口にする為

工夫を凝らしていくのですが!?



ということでこの作品は催眠はわかっているので

どういうシチュエーションでどんなことをさせるのか?

催眠だからこそただ催眠に貶めるだけじゃなくてこだわりを見出したいですね。




体験してみた



書き出してから気が付きましたが、体験版の内容を書いちゃうと

いつも以上にネタバレの危険がありますね。

特に催眠モノはシチュエーションなどが大切で

ここでネタばらししてしまうと作品の魅力が半減してしまいます。



無難なところで登場人物など。

主人公は一応大学生なので将来は教員を目指しているのですが

実際には主人公のレベルでは難しく、そのネタも利用して

催眠を使って教育実習生となるわけです。

ところが、入るために催眠をかけた人間は理事長くらいなので

学校で不審者扱いを受けて初日から悲惨な目に。

合気道をやってる巨乳少女に締め上げられて、アイドルっぽい巨乳少女に

気持ち悪そうにされたり、完璧主義者のような巨乳女教師に怒られて

すっかり心の中で愚痴をこぼします。


とはいえ、保健の爆乳女教師には優しくされたので

少し作戦を考えつつその日出会った巨乳ヒロインたちを

どのように落とそうかと考える主人公でした。


ということで巨乳ぶりは満点で催眠モノ好きな方には

非常に満足度の高い作品だと思います。

あえて文句をつけるとすれば、体験版でもサイトでも思いましたが

ヒロインが4名しかいないのでヒロインがたくさんいるほうがいいと思う方は

ちょっと物足りないのかな?と感じました。

いきなり催眠でエロエロではなくて徐々に落としていく・・・

この匙加減だとあまりたくさんのヒロインを登場させると

収拾がつかなくなるのかもしれませんね。


改めて・・・イイおっぱいでした!!


→催眠学園3年生



   

催眠学園3年生
催眠学園3年生
催眠学園3年生
催眠学園3年生
催眠学園3年生
催眠学園3年生
催眠学園3年生
催眠学園3年生



大人気の筆柿そふと作品



催眠学園2年生
催眠学園2年生


WIZARD LINKS
WIZARD LINKS



お世話になってるサイト
エロゲータイトル五十音順
お世話になってるリンク
ブログ内エロゲー検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。